水の取り合いで殺し合い?

 

この日は近所のおばあさんの田んぼの草刈り。

 

 

草刈りしていたら隣の田んぼにも人がやってきました。

 

 

もちろん挨拶します。

 

が、無視、、、

 

 

しばらくすると寄ってきて

 

「お前の刈った草が水路から全部うちの田んぼに入ってくるや!」

 

と怒られました(汗)

 

 

謝って排水溝のフタを開けてみると、

 

 

あれっ?

 

 

水の出口がその人の田んぼの反対側、、、

 

首を傾げている僕をしり目にそのおじさんは無言で去って行きました。

 

濡れ衣だったみたいです(笑)

 

 

 

この時期のお米づくりの農家さんはピリピリしています。

 

田植えに向けて田んぼに水を入れるのに毎年熾烈な水争いがあるのです。

 

 

知り合いのある農家さんは、

「自分の田んぼに水を入れているのを目を離したらすぐに止められている!」

とか、

 

別の農家さんは、

「自分の田んぼに水を入れていたら下の田んぼの人に石を投つけられた!」

とか、

 

色々大変です。

 

 

 

飽食の時代の現代でもこんな感じです。

 

 

なので昔は殺し合いに発展する事もあったそうです。

 

 

その事を調べていたら現代でも殺し合いに発展した事件があったそうです。

 

田んぼの水をめぐり口論で死者

 

75歳の老人が68歳の老人を殴り殺したとか、、、

 

 

農家のおじいさん恐いです。